注文住宅を建てる際のお金の話

注文住宅を建てる際のお金の話

住宅購入予算

1

必要となるお金の
全体像を把握しましょう

購入時にかかるお金

  • 頭金(一般に土地+建物価格の1~2割程度は必要)
  • 諸費用(税金や各種手数料)

購入後に必要となるお金

  • 住宅ローン(月々、ボーナス時)
  • 維持費(税金、修繕・リフォーム費)

買う前、買った後も
いろいろお金が必要です。
しっかり計画を立てましょう。

2

購入資金の
確保しましょう

  • 頭金をしっかりためましょう。
  • 細かい家計の見直しから頭金や住宅ローン返済資金を捻出しましょう。
  • 可能な人はご両親に援助を頼んでみましょう。

3

買える額は
いったいいくら?

  • 住宅購入費用+土地購入費用+諸費用。
  • これらを自己資金(頭金)+住宅ローン 借入額で賄います。
  • 貯金全額を頭金に充当は危険です。いざというときの蓄えや、近い将来に必要な予備費用も重要です。
  • 金融機関等のWEBサイトでシミュレーションしてみましょう。いくら借りられていくら返せるのかを調べ、実際いくらまでなら買えるのか調べてみましょう。

まとめ

予算をしっかり把握しましょう。
余裕のある資金計画を立てましょう。

住宅ローン

1

どのくらい借りる・借りられる

一般に年収の5倍~7倍ともいわれることもありますが、ご本人の年齢・家族構成などで大きく変わってきます。
借りられる=借りるではありません。
余裕をもって返済できるかも重要です。

2

住宅ローンの種類

・住宅金融支援機構+民間の
「フラット35」

・民間ローン銀行、住宅ローン専門会社など

・公的ローン財形住宅融資や各自治体で制度があるところも あります。

自治体の例として、埼玉県では「埼玉の家 エコな暮らし応援!!住宅ローン」「埼玉の家 子育て応援!!住宅ローン」「埼玉の家 家族のきずな応援!!住宅ローン」といった優遇金利が適応される制度があります。

3

住宅ローン金利タイプ

全期間固定金利型

借り入れの当初から全期間にわたり、金利が固定されるタイプです。全期間金利がずっと同じタイプと、途中から金利が上がる段階金利型があります。

メリット

共に全期間金利が固定されるため、返済額も確定し、安定した返済計画が立てられます。また将来、市場の金利が上がった場合でも、借入時の金利が適用されるので、返済額は変わりません。

デメリット

一般に金利が高めに設定されています。また将来、市場の金利が下がった場合でも、借入時の金利が適用されるので、返済額は変わりません。

固定金利選択型

固定金利特約型とも呼ばれ、借り入れ当初から一定期間(5年、10年、20年など)特約により金利が固定されるタイプです。固定期間終了後は、変動金利型を選ぶことも、再び固定金利選択型を選ぶこともできます。金利はその時点のものが適用されます。一般に固定期間が短いほど金利は低く設定されています。

メリット

一般に3つのタイプの中で、最も金利が低く設定されています。今後も金利が上昇しなければ、ずっと低金利のメリットを享受出来ます。

デメリット

市中金利が上昇すると、一般に高い金利が適用され、返済額が増えてしまいます。

変動金利型

市中金利の変動に応じ、適用金利が変わるタイプです。

メリット

一般に3つのタイプの中で、最も金利が低く設定されています。今後も金利が上昇しなければ、ずっと低金利のメリットを享受出来ます。

デメリット

市中金利が上昇すると、一般に高い金利が適用され、返済額が増えてしまいます。

4

今の金利は?

今の金利は依然低水準と言えます。
住宅金融支援機構「フラット35」の金利の推移をご覧ください。

表の期間内でも、高い時ですと3%台という時期もありました。
2019年12月現在の1.16%は、依然低水準と言えるのではないでしょうか。
買うタイミングの方にとって今がチャンスです。

住宅金融支援機構「【フラット35】借入金利の推移

まとめ

無理なく賢く借りるには情報収集が必要。
金融機関等のWEBサイトでのシミュレーションや
住宅展示場などで実施している相談会も活用しましょう!

住宅購入にまつわる
  おトクなお金の話

1

住宅ローンを借りると
生命保険の代わりになる?

団体信用生命保険とは

住宅ローン契約者に万一のことがあった場合、残りのローンを肩代わりしてもらえる住宅ローン専用の保険です。多くの住宅ローンの借り入れ条件として設定されているため、住宅ローンを借りる人の多くが加入します。最近では三大疾病[ガン・急性心筋梗塞・脳卒中]や、これに5つの重度慢性疾患[高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性すい炎]を加えた八大疾病特約付きの団体信用生命保険もあります。

今入っている生命保険の
見直しも可能

住宅ローンを借りる前に、生命保険に入っている場合は、団体信用生命保険と内容が重複する場合があります。その結果、ムダは保険料を払うことになる場合もあるので、これを機会に生命保険を見直すことで、家計全体を見直し、賢く住宅ローンを返済していきましょう。

2

住宅ローンを借りると
減税される?

住宅ローン減税制度とは

住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、その金利負担の軽減を図るための制度で、毎年末の住宅ローン残高の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます。また、所得税からは控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されます。
さらに、消費税率10%が適用される住宅の取得をして、令和元年10月1日から令和2年12月31日までの間に入居した場合には、控除期間が3年間延長されます。

確定申告や年末調整時に手続きが必要

住宅ローン減税で還付金を受け取るには、手続きが必要です。1年目は確定申告が必要で、2年目以降は給料所得者の場合、年末調整で申告が出来ます。

3

その他のおトクな制度

すまい給付金

対象

2021年12月末までに入居した方

内容

消費税10%で住宅を取得した場合は、条件に応じて最大50万円が給付されます。

次世代住宅ポイント制度

対象

2020年3月までに契約した方

内容

一定の性能や家事負担軽減の条件を満たす住宅の新築やリフォームで、商品と交換できる最大35万円相当のポイントがもらえます。

贈与税非課税枠

対象

2020年3月までに契約した方

内容

父母や祖父母から住宅資金贈与を受けて住宅を取得した場合、最大3000万円まで非課税

まとめ

トクをするにも手続きが必要です。
しっかり情報収集して実行しましょう!

TOP