各種工法開設

木造軸組工法

木造軸組工法 日本の風土に育まれた、いわゆる「在来工法」です。とはいっても、新しい建材や部材、技術なども積極的に取り入れられ、どんどん新しい工法になっています。木は燃える素材ですが、高熱でも変形しにくく、天井や壁などの仕上げ材に燃えにくい建材を使用すれば火災にも強いということが確かめられています。

木質系プレハブ工法

木質系プレハブ工法 パネル構造のものと、パネルに軸組を併用したものがあります。耐力壁で荷重を支えるため構造はシンプルで高効率です。気密性、断熱性が高く、冷暖房効率がいいのと、地震などの災害に強い堅牢性も魅力です。プランの自由度も高いので、個性的な家づくりも可能です。

木質ユニット工法

木質ユニット工法 これもプレハブ工法のひとつで、鉄骨系やツーバイフォー方式のものなどがありますが、あらかじめ工場で作られたルームユニットや設備ユニットを現場へ運んで組み上げる方法は共通しています。工期が短いのが最大の特長で、プランの自由度も高められ、高級仕様のものも登場しています。

ツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法 アメリカでは200年以上の歴史を持つ工法で、規格部材のサイズが少ないため施工が簡単でコストがカットできる工法です。気密性・断熱性が高く、換気性能もよくなっているため人気も高まっています。木の住宅でありながら火災に対する強さも立証済みで、 面で支える構造は地震に対しても強さを発揮します。

鉄骨軸組&パネル併用工法

鉄骨軸組&パネル併用工法 地震の縦揺れや積雪による荷重などのタテの力は軸組(鉄骨柱)で受け止め、横揺れや台風がもたらすヨコの力は耐力パネルが受け止め、柱や梁などを介して分散させます。外力を住まい全体で受け止める頑強さと、鉄骨の粘りを生かしたしなやかさ。卓越した強さをもった工法です。

鉄骨ラーメン構造ユニット工法

鉄骨ラーメン構造ユニット工法 鉄骨ラーメン構造は鉄骨の柱、梁を使って構造体をつくる強度の高い構造で、柱により空調を支えるため、フレキシブルな平面計画が可能です。ユニット工法は工場で作られたユニットを現場で連結して完成させます。品質・強度に優れ、現場工期も短く済むのが特徴です。

軽量鉄骨軸組工法

軽量鉄骨軸組工法 柱・梁及び筋交いで形成された木造在来工法と基本的に原理は同じものですが、柱・梁の部分を軽量鉄骨に置き換え、筋交い部分をブレースに置き換えた工法です。各部材は工場で生産され現場で組み立てる方式が多く、品質が一定して完成度も高く耐震性・耐風性に優れています。

  • 知ってお得な住宅展示場の歩き方
  • 造りによって何が変わる?各種工法の解説
  • 知ってお得な公的支援制度のご案内
  • 土地の有効活用をお考えの方へ住宅展示場用地募集